自己破産と時効による解決

自己破産と時効による解決

借金問題が発生した時、収入や試算がほとんどない人は自己破産を選択して解決しようとするケースがほとんどです。
通常、あまり資産のない人の自己破産申立てでは、裁判所で審理を終えた後に一度面接をするだけで手続きが終了となる同時廃止がほとんどですので、費用面でも弁護士や司法書士に支払う報酬を除くと、印紙代や切手代、官報掲載料で大体2万5000円~3万円程度もあれば終了します。


ただ、借り入れた時期が非常に古く、最後に返済や借り入れをしてから5年以上経過していると思われる場合には、一度弁護士や司法書士に相談してみるのも一つの方法です。

金融業者からの借り入れは、最後の取引から5年間経過すると時効が成立します。

今、注目の事務所案内| 司法書士法人イストワール -Histoire-に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

もちろん、判決などの債務名義があれば期間は延びますし、この期間を経過しても支払いが残っていることを認めたり、1円でも返済をすることによって時効は中断しますので、何もしてはいけません。

イストワールとは| 司法書士法人イストワール -Histoire-の情報サイトです。

この状態で債権者に内容証明を送ると、この借金自体が自己破産の手続きをとらなくても消滅し、一気に解決します。

司法書士 求人 富山の最新情報をお伝えします。

このように、さらに簡単な手続きと少ない費用で借金問題が解決することもありますので、数年ぶりに債権者から督促が着た場合などは、相手に連絡を取るよりも先に専門家のところに行き、相談してみたほうが良いでしょう。


もちろん、相談に行くときには債権者から来た通知や振込みの明細など、手元にある書類も一緒に持って言ったほうが良いでしょう。