タトゥー除去で失敗しないために

最近では海外の俳優や日本の芸能人などがタトゥーをしているのを、日本の、特に若い女性の間で人気があり、ファッション感覚で取り入れている人が増えています。

「タトゥー」という呼び方がおしゃれにきこえ、気軽に彫ってしまうようです。

しかし日本の一定以上の年齢層にはまだまだ、やくざものが彫る「刺青」という認識が強く、大衆浴場等の入場を断られたり、結婚に支障が出たりします。

また、一度入れたタトゥーを消すことは大変難しいという事を知っているでしょうか。



あまり消えないケースもありますし、例え消えてもタトゥー以上に傷痕が残ったりもします。


タトゥーをしようか迷われている方がおられたら、タトゥー除去は基本的に傷跡が残りますので、ネットなどでぜひマイナス面を調べるなどして、慎重に検討してください。
タトゥー除去方法には、レーザー治療や切除術、植皮術などがあります。

病院や美容外科によってそれぞれ得意・不得意とする分野があり、外から見ただけでは、きちんと除去してくれのかは、本当の所よく分かりません。



お近くに経験者がいれば一番の口コミですので、必ず聞いてみてください。レーザー治療だと傷跡ができないとか、痛くないと思っている方がいますが激痛を伴います。

また、レーザーをあてた部分はやけどするので「跡」ができます。

レーザー除去は無傷で完全にとれるなどとの噂は誤りですので、注意が必要です。
またレーザー除去時のやけどにより、沈静後、酷いケロイド状となってしまい腕が曲がらなくなったという方や、皮膚がひきつるので物を持ち上げたりするのに支障が出たなどの報告があります。

このようにタトゥー除去には、失敗のリスクが多いです。

除去よりも、ドーランなどで一時的に見えなくする方がよいかもしれません。