住み込みの求人に応募した後の流れ

subpage1

住み込みの求人に応募したら、まずは面接が行われます。


採用試験の中で体力テストや健康診断が行われることもあります。

様々な種類の製造業の求人情報を豊富に提供しています。

採用されたら、自分で現地まで行くことになります。


同時期に大量に採用される場合には、集団で移動をすることもありますが、基本的には1人で現地まで移動をすることが多いようです。


あらかじめ会社が新幹線のチケットなどを用意してくれることもあれば、自分で費用を負担することもあります。自分で費用を負担しても、領収証をとっておけば、交通費は後で会社から支給されます。行きの交通費は、基本的には会社が負担してくれることが多いです。
住み込みの求人といってもさまざまなものがありますが、工場の仕事の場合、先に工場見学が行われます。

契約を結ぶ前に工場見学をして、自分がそこで働けるかどうか、最終的な意思確認をすることになります。
お昼に工場見学をしたら、夕方くらいに寮に入ることになるでしょう。


早ければ次の日から現場で働くことになります。

産経ニュースのことならこちらをご活用ください。

住み込みの求人には、工場での仕事、リゾートバイトなどが有名ですが、パチンコスタッフの仕事など、さまざまな職種で募集されており、それぞれに特徴があります。インターネットの体験談などを参考にして、あらかじめ下調べをしておきましょう。
面接の時に質問ができる時間は限られており、まだ採用されていないのにたくさんの質問をしても印象を悪くするかもしれませんので、自分で調べられることは自分で調べておくことが重要です。必ず聞いておきたいことについては、あらかじめ質問をしておきましょう。